注意!よくある婚活の初デートトラブル

 

婚活トラブルについてまとめてみました。

 

相手が来ない

 

婚活は、会う場所を明確にしていたとしても、様々なことが発生します。

 

緊張してトイレいきたくなった、交通機関のトラブル、待ち合わせ場所に迷った等の理由で遅くなったても連絡先を知らないので、直接連絡できないといったことが挙げられます。

 

解決策

10〜20分ぐらいは待ってあげましょう。2〜3分遅刻になってしまう時は、相手方も相談所に連絡するより走ったほうが早いからと向かっている途中なのかもしれません。筆者は、トイレにいって2〜3分遅れたのですが、着いた時に奥さんが帰る寸前でした。

 

相手と会えない

 

プロフィール写真と実際のイメージが異なることが原因なことが多いと思います。

 

もらってるのは、写真と名前だけ。そのため、写真の相手を探しても写真と印象があまりに異なると、誰かわからないということが起きます。男性の場合、女性をすぐに気が付かなかったことで不快にさせたことに申し訳ない気持ちになり、初めから気まずい出会いになることがあります。

 

解決策

初めての出会いの印象は非常に大切です。初めての出会いでのサプライズは、想像よりよかろうが悪かろうが、緊張の場でのサプライズになるのでオススメしません。

 

初めての印象でサプライズにしないためには、メイク・髪型・服装をお見合い写真とあまり変わらない状態でいけば、相手と出会わないといったトラブルは避けられます。お見合い写真は、難しく、実際に会ってみれば、写真に収まらない魅力的な人もいますので、実物に近い印象のほうが出会ってからサプライズにならないでしょう。

 

プロフィールと話が違う

 

プロフィールの中身を見て、あれ、話が違うんじゃない?そう思うかもしれません。例えば、身長、年収、親との同居、、、その他、もろもろです。話が違うことを聞いて、思わずそこで”こんな嘘つきな人は嫌だ”そう思ってしまう人も少なくともいるでしょう。

 

解決策

折角時間をつくって会ったのに、話が違う。。。そう思うのは、誰しもが遭遇することです。例えば、結婚相談所も身分証明書は必ず確認しておりますが、年収は、なんらかの書類で合理性があるものを使っておりますが、転職等で状況が変わることは誰しもがあることがあると思います。条件を大切にすることは非常にいいことだとは思いますが、気になるデータもみておきましょう。以下のデータが示すのは、結婚がうまくいった人の条件ですが、実は条件より中身重視という方が成功しているようです。要するに会った時のフィーリングが大切のようです。確かに話と違う、そう思うかもしれませんが、誰しもが背伸びしちゃうところがあるので、多少許される背伸びであれば許してあげるのも愛情のひとつのなのかもしれません。

 

 

 

結婚相手に重視した項目 重視した人 実現数 実現率
フィーリング 552名 373名 67.6%
学歴 117名 79名 67.5%
性格 552名 370名 67.0%
気が合う 547名 362名 66.2%
年齢 207名 127名 61.4%
外見・ルックス(顔など) 247名 147名 59.5%
料理(作れるかどうか、好みか) 113名 66名 58.4%
精神的な強さ 293名 168名 57.3%
食べ物の好み 292名 166名 56.8%

出典:パピナ  婚活にまつわるデータ本より詳しいオトコのホンネ&婚活の実態より