アラフォー・アラサーのデート代の支払いで恋愛運がわかる

 

楽しくデートを済ませて、さぁお会計、どうしましょう・・・。悩むところですね。

 

アラサー女子・アラフォー女子は、20代前半の女子と異なって求められることがあります。それは、あらゆることに賢くふるまうことです。それがモテる秘訣になります。

 

デートの支払いは駆け引き

 

デートの時は、男性がトイレにいっている間に会計を済ませてくれていたらカッコイイですよね。しかし、婚活で登場する男性の多くは、恋愛初心者。そんなことはありません。また、割り勘を要求してきて、男性に対するイメージダウンなんてことも。

 

そもそも会計はどうすればいいのでしょうか?

 

支払いは男女の駆け引きの瞬間

 

支払いの時になるとだいたい3パターンに分かれます。

 

1.男性が奢るケース
2.割り勘のケース
3.女子少し負担するケース
4.女性が奢るケース

 

結婚を考えている男性は、支払の時の女性の反応をよく見ています。そこで、今後付き合っていい女性かどうか判断します。
恐らく女性も同様にスマートに払ってくれるカッコイイ人なのか、ケチな人なのかもよく見ていると思います。お互い様というところですね。

 

アラサー・アラフォー女子の苦労を知る

 

モテ男子の場合は、女子のお財布事情を察しています。
1.女性はお化粧やオシャレにお金がかかる
2.一般的に女性の給与は男性に比べて低い
3.女子の安全にお金がかかる

 

しかし、ちょっと鈍い男性の大方は、女性の大変さに気が付いていないのが現実です。

 

割り勘にすれば、デート代の負担が大変、女子はどうすればいいの?

 

 

 

 

 

 

支払いはどうすればいい?

 

支払いの時になると以下のパターンになります。

 

1.堂々とお金を男子に要求され割り勘するケース
2.少しだけ負担するケース
3.お財布を見せてしまうケース
4.払って当然という態度を見せるケース

 

1と4は、結婚というよりデートとしてお付き合いが終わる可能性があります。3は、遅かれ早かれ、男性がお金を支払わないことを見抜かれ、呆れられます。つまり、2が望ましいです。

 

そもそもですが、男性の出費は、結婚したらあなたの一部。お金を払わせて、自分だけ安全地帯にいる女子を見た時、男性は嫌悪感を感じるものです。

 

あと筆者からのアドバイス

 

 

え?好きな男子の前だけしっかりするつもりで大丈夫でしょうか?
普段から男性に対して裏表を作ってしまうと、好きな人の前でも知らないうちに態度が出てしまうのです。

 

2の隙を与えてくれない男子もいます。そういうときは、安くてもいいので感謝の気持ちとして、次回のデートでプレゼントか何か買っていくのが望ましいでしょう。

 

デートの支払いで最も大切なこと

 

お姫様扱いで男子にだけお金を出させてると、支払わない癖がついてしまいます。男性は、笑顔で毎回支払っていても、恋人なのか、結婚相手なのかを見極めようとしています。

 

デート相手で結婚相手にならないと判断されてしまえば、一夜限りで恋愛が終わるかもしれません。

 

真剣に結婚を考えているなら、相手への配慮を忘れないようにしたいですね。
普段カッコイイ配慮の仕方を学んでれば、自然と配慮ができて相手を喜ばせること間違ないしです。